自転車(主にロードバイク)と養蜂(セイヨウミツバチ)を中心に趣味のことや好きなことを書きます。

menu

Bi-Bee time(ビービータイム)~自転車と養蜂(セイヨウミツバチ)のブログ~

ディアブロのFD台座修理その1

手元に届いたNEILPRYDE DIABLO(ニールプライド ディアブロ)だが、FD台座が説明通りやっぱり少し動く。ただ出品者はこの状態でそのまま使っていて問題なかったそうだ。しかし、このままコンポを移植してから問題があると時間もお金も二度手間となるので自分で修繕することにした。

ネットで調べてみるとそれほど面倒じゃなさそう。ただし、ハンドドリル、リベット、ハンドリベッターが必要となる。ハンドドリルは持っているがリベット及びハンドリベッターは持ってないので、機械いじりの好きな自転車部の部員に聞いてみたら案の定持っているとのこと。無駄な出費が避けられたw

まずはリベットはずし。リベット径がわかっていればそれよりも若干細いドリルでもんじゃえばいい。わからない場合はリベットの穴より少し大きめのドリルでもんでやって取れなければ徐々にドリルを太くして外れるまで繰り返すだけ。3回目でとれた。意外と簡単で時間にして数分。

さてFD台座を取ってみてびっくり。FD台座とフレームの間にプラスチックプレートが貼ってあったようでそれが上手く取れずに残っている。

NEILPRYDE DIABLO(ニールプライド ディアブロ)

画像のようにプラスチックプレートが残っていてデコボコ。FD台座もデコボコしていたがこちらはヤスリで丁寧に削って平らにできた。さてフレームの方のデコボコはどうやって修繕しようか。へこんでいるのでヤスリがかけづらいし、めんどくさそうw
明日にしようwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押して下されm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





古い記事  

関連記事

 
コメントは利用できません。

楽天市場

過去の記事