自転車(主にロードバイク)と養蜂(セイヨウミツバチ)を中心に趣味のことや好きなことを書きます。

menu

Bi-Bee time(ビービータイム)~自転車と養蜂(セイヨウミツバチ)のブログ~

中華カーボンホイールのスポークテンション

ALIZEに先日DURA-ACEのチューブラーホイールのWH-7900-C35-TUをつけて浜名湖一周をしたのだが、これがまた良く回る。本当に気持よく走れた。

今までALIZEには中華カーボンのクリンチャータイプをつけていたのだが、ちょっと重い感じがしていた。そこでスポークテンションを調べてみたらフロントは問題なかったのだが、リヤの反フリー側のテンションが低い。スポークによってはテンションメーターのメモリがほぼ0。高くても4程度。

テンションメーター

テンションメーター

そこでテンションを上げてみた。フレ取り器にセットしてフレに注意しながら反フリー側のテンションを10程度にしてみた。フレもなくまずまずうまくいったと思う。

早速ALIZEに付け直して3本ローラーをやってみた。違いはというと・・・・・。うーん、若干回転が軽くなったようなw

実走してみないと分からないな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押して下されm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





古い記事  

関連記事

 
コメントは利用できません。

楽天市場

過去の記事